一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

歌、ってとことんシンプルだな、と思います。
でも、歌、でいいんだと思います。
だって、これは、まさに、歌、ですもん。




ネタバレってこともないと思うんでこのまま書きます。
一曲ずつ勝手な感想です。


1、スローバラード
一曲目にバラードを持ってくるとは思ってなかった。
なんとなく、だけど。
でも、これしかないね。
一気に渋谷すばるの世界に持っていかれる。

2、マンピーのG★SPOT
最初の、「マンピー!」のコーラスがめちゃくちゃかっこよくて、初聴きで思わずのけぞった!
ここに限らず、全体通してコーラスのみなさんが素敵。
レコーディングムービーみて更に惚れる。めっちゃかっこいい人たちですよね!
さらっと歌を当然にうまく歌える人すごい!って単純に尊敬してしまう。
曲自体はある意味、とんでもない曲だけど、歌詞はともかく、曲は死ぬほどかっこいいな!
もともとの曲の持つクオリティが高くて、でも、それに更に乗っけてくるすばるが最高すぎる。

3、ファンキー・モンキー・ベイビー
マンピーからの流れがすばらしすぎて何も言えねぇ!
かっこいいとしかいえなく、こんなのライブでやられたらテンション振り切れて死んでしまいそう!
(ライブ行けないけど。てか申し込んでないけど)

4、First Love
歌いだしで、鳥肌たった。
なにこれ、なんなのこれ、この声何?
渋谷すばるにこんな声があったなんて、知らなかった。
いや、曲によって声が全然違うことはわかってたよ。引き出しもたくさんあるのも知ってたよ。
でも、こんな歌がうたえるなんて。
曲自体、すごくすごく好きだから、でも、余計に、ますます好きになった。
たまんないね。

5、元気を出して
この女性ボーカル曲の流れはやばい。(語彙力ない)
これもまた曲が好きだったけど、こんなにすばるの声にはまると思ってなかった。
一番、無意識で鼻歌がでちゃう曲。
女目線の、女口調の曲がとっても似合うなぁ。

6、君がいないから
私が一番、歌に心動かされるボーカリストは、玉置浩二なんです。
すばちゃんにいつか歌ってもらいたかった、玉置浩二の歌。
想像通り、やっぱりいい。
でも、この曲だけは原曲を聴きたくなった。

7、言葉にできない
まさしく、ですね。
タイトルどおり。
歌のもつ力をめいっぱい昇華してるんだな。

8、SWEET MEMORIES
Mステで聴いたのが初聴き。
原曲もネットで聴いて、そのすばらしさに圧倒された。
女性歌を歌うの、こんなにはまるんだな。


初回版しか買ってないからオモイダマが聴けてない。
やっぱり、買おうかな。


もっと書けそうな気もするけど、語彙力がありません。
とにかく、すごくよくて、よすぎて、全部持っていかれる、そんな一枚でした。

 

約1週間前に、ご縁に恵まれて参加できることになったオーラス公演。
昨日の朝、家を出たときは、当たり前だけどこんな気持ちで帰ってくるなんて想像できなかった。

席は、スタンド上段。バクステを斜め下に見下ろす感じのところでした。
(絶対気のせいなんだけど、開演15分前くらいに、「なんかおなかいたい」って相方さんに言ってて、普段そういうことないからすこし変な感じがした。あとで、相方さんに「予感してたのかもね」と言われて、そんなことあるわけないけど、そうだったのかな、なんて)

開演時間になっても映像が始まらない。なんで遅れてるんだろ?って思ってたら、ステージにメンバーが出てきて、6人しかいないってなっても、誰がいないのかわからなかった。
隣の人が双眼鏡で見てて、「たっちょんがおらん」って言って、初めてあの目立つ金髪が見えないことに気づいた。
嫌な予感しかしなくて、怖くてしかたなかった。
そして、ヒナちゃんが話し出した。
意味わかんなくて、混乱しかなくて、「やってもいいですか?」に「イエー!」なんて返せなくて、拍手なんてできなくて、わけわかんないまま映像が始まって、バックステージの6人が映ってた。
円陣の声、出せたのかな?自分でも覚えてない。
曲が始まっても、大倉がいない、って思ってばっかりだった。立ち位置なんて覚えてないと思ってたのに、大倉がいるはずの場所ばかり見てた。ぽっかり空いたスペースに悲しさしかなくて、涙でた。
亮ちゃんとすばちゃんが歌詞を変えたとき、やっと、声が出た、気がした。
同時に涙もぼろぼろ流れた。

6人がいっぱい「大倉」って言って、歌ってくれて、うちわもみんな持ってて、「大丈夫や。」って言われてる気がした。
自分たちにも言い聞かせてたのかな、

バンドが始まって、誰もいないドラムセットがキラキラしてて、目が離せなかった。
ドラムの音が聴こえない∞の音は、いつもと全然違ってて、足らない、足らない、って何回も思った。
LIFEの大サビで、わかってたけど、大倉の声じゃないことに涙が出た。
ムビステで、どんどん近づいてくるドラムセットが涙でにじんだ。でも、見てないと、ちゃんと聴いておかないと、6人が頑張ってる姿、目に焼き付けないと、って思ってた。

正直、キャンジャニまでは、泣きっぱなしだった。笑えるところも泣き笑いみたいな感じで、あたし、今日ずっと涙とまんないのかな、って思った。
自分が、こんなに大倉忠義が好きだったこと、実感した。
∞は、みんな好きだから「担当」なんて言っても、あまり他の6人に対してと変わらないつもりでいたけど、やっぱり特別だった。
大倉忠義じゃなきゃ、だめだった。
あんなに、寂しいのも、悲しいのも、忠義だからだった。

キャンジャニでいっぱい笑えて、泣き笑いじゃなく、笑えて、そこでちょっと気持ち変わった。
オーラスじゃないか。
行きたくて、行きたくて、やっとやっと手にしたチケットだったんだ。
楽しむよ。寂しいけど、寂しいから、悲しいから、それも抱えて、でも出し切るよ!って思えた。

ユニット、どうするんだろう。二人でやるのかな、って思ってたらすばちゃんが最高のものを見せてくれた。
最高にかわいくて、楽しくて、いっぱい笑った。

勝手に仕上がれ!は、こんなに声出せるんだってくらい、思いっきり声だした。
大倉に届け、なんて青臭いこと言ってもいいじゃん。
届け!って思った。
大好きだよ。会いたかったよ。寂しいよ。
ぐちゃぐちゃの感情のまま、涙とまんないまま、叫んだ。

すばちゃんが、最後の挨拶で、
「悲しい思いをした人もいると思うけど、」
って、泣いたとき、涙腺崩壊、いや決壊した。
すばちゃんに、∞に、伝わってたであろう、エイターのぐちゃぐちゃな気持ち。
それを全部受け止めて、背負ってた6人だって、不安で、怖くて、いっぱいいっぱいだったんだと思う。
また、絶対行くからね。今度は、7人で笑ってね。
この壮大なコントを、ちゃんと笑って話してね。

元気がでるSONG、真ん中に集まって、元気に歌う6人が最高にかっこよくて、いとしかった。
しんみりする曲じゃないんだよね、これ、ほんとは。
これがこの曲のほんとの形なんだ、って思った。

昨日、あたしうちわ持っていってたんだけど、ライブ中、持てなかった。
スタンドの上段だったし、距離的にも位置的にも見えるとも思わなかったけど、「忠義」ってうちわを6人に見せたら悪いかな、とか思ってた。
でも、アンコールの気球のときだけは、見えるかもしれない位置に来るから、持った。
6人に伝えたかった。
大倉ファンは楽しかったよ、って。
見えないだろうとは思ったけど、笑顔でいようって思った。「忠義」ってうちわを持って、笑顔でいたかった。
そんな風に、うちわを持ったのは初めてだった。

Wアンコール、歌ってほしくてエイトコールしたけど、出てきて、「7人でやりたいから、今日はできない」って言われて、ああ、関ジャニ∞だな、って思った。


ヨコもすばちゃんもヒナちゃんもまるちゃんも章大も亮ちゃんも、いつもどおりなんかじゃなくて、必死だったんだな、って思って、そんな姿を見れて、幸せでした。
みんなが、「大倉、大倉」っていう大倉のためのライブでした。
そんな場にいられて、大倉担は、幸せでした。
忠義には会えなかったけど、大倉忠義を大好きな6人が、たくさん楽しいをくれたから。

でも、やっぱり会いたかったよ。
誰を責めることもできないから、このやりきれない思いは、全部全部、大倉忠義が好きだ!って気持ちに重ねてくね。

順調に回復してるらしいので、ゆっくり休んで、元気になって、また、いっぱいキャーキャー言わせてください。

 

久しぶりにブログに書いておきたくなりました。
一箇所にしか行かないツアーなんて何年ぶりでしょう。
今回は東京の二日間のみ。
だからこそ残しておきたいって思うのかな。

完全なネタバレの感想です。
レポでは全くありません。
とても抽象的な感想です。


読む人がいるのかわからないけど、いちおう続きにしておきます。
セトリは拾ってきました。





2015.11.16
もう一年近くたってしまってた・・・。
やっぱり一気に書かないとだめだね。
中途半端で終わってるけど、これはこれでいっか。

この数ヶ月、実は心のどっかで感じてた。

認めたくない、と思ってたけどそろそろ嘘つくのも変だな、と思うようになってきた。

そろそろかんじゃにえいとから離れる時期なのかもしれません。

多分、予兆は1月の大阪でもあった。
楽しかった、のに嘘はないんだけど、小さな穴が空いていて、そこから空気がひゅーひゅーと抜けていくような、そんな感じ。

100%だった数年前と比べたら、感じた充実感も満足感も、どこからか抜けてしまってる気がした。

その時は気づかないふりをしたけど、それから新曲がでて、ドラマがあって、DVDがでて、映画が決まって、24時間が決まって、また新曲、そして、十祭。

一つ一つのことがこぼれ落ちるように、ただ脳内を通りすぎていく、この感覚がとてもむなしく、自分が嫌になる。

好きな気持ちはあるし、テンションも上がらない訳じゃない。

ただ、もうあの圧倒的な熱量は戻ってこないのかもしれない。

それが今はなんだかとても怖い。


まだ受け止めきれていないです。
それでも、好きなんだ、と言っていいのか。
この風穴の空いた気持ちのままでいいのか、、

そんなことが日常のふとしたときによぎります。


久しぶりにブログ書きたいなーって思ったらアプリから投稿するようになったんだね。
そういえばスマホにしてからブログほとんど手つけてなかったもんな。

ちょっと長い文章を書きたくなってきたので久々にブログ生活再開しよかなー。


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

2015.11.16 記

ほんっとにたまーに更新します。 ネットの片隅に自分の言葉を残しておく場。 立派に大人です。 ついったーは大体毎日呟いてます。 興味があれば覗いてください。 ついったーあいでぃー: yuki_uqui_8

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM